外国への社会貢献

ビル

貢献の未来

今私達日本人は世界全体から見れば比較的裕福な暮らしが遅れていることはまちがいない。そんな日本では今外国での会社設立が主流になりつつある。1つは、外国の方が物価が賃金が安く多くの従業員を雇うことができるからである。そして人口が多い国などでは人手不足になることはないからである。2つ目は、資源があることだ。その名も天然資源日本では天然資源に乏しい。しかし外国は豊富にありそして安い。そんな中で注目されているのがインドネシアである。インドネシアは、すず鉱やニッケルをはじめとする鉄物資源、石炭や天然ガスといったエネルギー資源や植物資源なのでは天然ゴムが代表的である国である。そこでの会社設立が計画されすでに建てられている会社もある。インドネシアの立場に立ち、果たして現地の人はそれで良いと考えているのだろうか。外国が進出してきたことでなにか弊害はないのだろうか。客観的に見てみると海外の会社設立によりインドネシアの経済が潤いかつ貧困も解消されるだろう。そしては新たな技術を学べるという点においてはとてと利益になる。今まで知らない、見たこともない、開発技術を学ぶことで効率化を測れるようになり、ますますの経済発展に貢献することになる。そんな注目されているインドネシアなどの東南アジアへの会社設立を考えている場合には、海外進出を支援している業者を利用するとリスクも少なくスムーズに事業展開ができる。事業の展開の方法やスケジュールなど海外進出について相談に乗ってくれるため一度問い合わせてみるといいだろう。

Copyright© 2018 柔道整復師会を利用する【開業支援のサービスを利用】 All Rights Reserved.